財団法人 全国落花生協会

JAPAN PEANUTS FOUNDATION(JPF)

協会のご案内

  • TOP >
  • 協会のご案内 >
  • 協会のあゆみ >

協会のあゆみ

平成元年11月1日 農林水産大臣の許可のもとに(財)全国落花生協会として発足
生産対策事業開始
需給安定対策事業開始 (需給懇談会、標準品検査会ほか)
啓発情報対策事業開始 (ピーナッツの日キャンペーンほか)
全落協通信発刊(平成16年度まで)
平成2年度 農林水産祭参加
中国落花生事情現地調査
平成3年度 落花生製品の一般品質表示ガイドライン案作成
農林水産祭参加
平成4年度 落花生製品の酸化試験開始(平成6年度まで)
平成7年度 落花生の輸入割当制廃止、関税割当制導入に伴いUR対策事業開始
平成10年度 栽培用機械(収穫機、脱粒機)開発事業実施
平成11年度 ピーナッツフォーラム開催
平成12年度 ピーナッツフォーラム2000開催
食味感応試験、栽培用機械開発事業実施
平成13年度 専門委員会において落花生産業の課題と対策検討開始
UR対策事業を特定畑作物等緊急対策事業に組替え実施(平成22年度まで)
平成16年度 落花生産業の課題と対策専門委員会報告
平成18年度 国産落花生むきみ規格制定
栽培用機械利用実態調査実施
特定農作物産地構造改革対策事業開始(平成21年度まで)
平成19年度 加工食品原料に係る品質等表示研修会開催
輸入落花生の影響調査実施
平成20年度 中国山東省落花生事情現地調査
平成21年度 落花生料理レシピを募集(平成22年度まで)
専門委員会で「落花生産業の課題と対策」レビュー開始
平成22年度 「落花生産業の課題と対策」専門委員会中間報告
平成23年度 全事業を協会の直轄事業として組み替えて継続実施
落花生料理教室を各地で開催(平成25年度現在継続)
平成24年度 米国の落花生事情視察

協会は平成元年に設立されて以来、民間企業、団体等の寄附金で造成した基本財産の運用益、毎年の活動のために寄せられる寄附金等を原資として、落花生に関する生産・流通・消費動向等の調査、情報の提供、研修会の開催等の活動を展開するとともに、落花生主産地の団体等が実施する国内産地体制の強化等の事業に対して助成してきました(平成23年度からは直轄事業として実施しています)。
 また、落花生の貿易制度の転換等を契機として国が構築した各種の対策の実施に当たり、 国の助成金を受けてその一部を推進する団体としての役割を果たしてきました(平成22年度で終了しました)。
 平成25年4月1日一般財団法人へ移行し、引き続き落花生の需給の安定に向けて必要とされる事業活動を推進しています。