財団法人 全国落花生協会

JAPAN PEANUTS FOUNDATION(JPF)

落花生をもっと知る

  • TOP >
  • 落花生をもっと知る >
  • 品種について >

品種について

落花生の品種

落花生の品種系統は、学問的には色々な分類がされていますが、大きくはバージニア、スパニッシュ及びバレンシアの3タイプに分類されます。一般に商品として扱う際は、実の大きさにより大粒種と小粒種に大別されます。大粒種は系統分類からはバージニアタイプあるいはその他の系統との中間タイプに属するもので、良く育った殻では中に大きめの実が2個入っています。煎り莢、煎り豆、バターピーナッツや一部の豆菓子等に加工されて、実の原型を留めたまま食べているのは殆どが大粒種です。これに対して小粒種はバレンシアあるいはスパニッシュタイプ等、バージニアタイプ以外のもので、殻にはやや小振りな実が3~4個入っています。小粒種は主として搾油、菓子・調理用食品、豆菓子の原料等に仕向けられています。

現在日本で一般に栽培されているのは殆どが大粒種で、千葉半立、ナカテユタカ、サヤカ、郷の香等の品種があります。
世界の落花生の需要は、FAO統計で落花生が油糧作物に区分されているように、その多くは搾油に仕向けられており、栽培品種も殆どが小粒種です。

千葉県における品種育成

戦前の栽培品種は、昭和6年に千葉農試が農林省の補助の下に育成した「千葉45号」が大部分で、外に「千葉55号」や中国から導入した「青島種」などがありました。戦後は昭和28年「千葉半立」を育成し、奨励品種とするとともに、昭和32年から採種圃を設置して優良種子の配布を行ったことから千葉半立の栽培は急速に拡大しました。
昭和30年には農林省指定落花生育種試験事業が三重県から千葉県に移管され、これより以降落花生の育種業務は千葉県農試だけが担うこととなっています。ここでは昭和35年に「アズマハンダチ」、45年に「テコナ」、51年に「アズマユタカ」など14の登録品種が育成されています。また最近では平成19年に極大粒種の「おおまさり」が育成され、今後の生産増強が期待されています。

落花生をもっと知る

落花生お役立ち情報 おいしいレシピ公開中

一般財団法人全国落花生協会

〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル

アクセス